猫のふみふみ

我が家の猫は、4歳を越える男の子です。立派な大人です。普段も自分がこの家のオーナーであるかのような威厳に満ちた、悪く言えば図々しい態度で生活しています。
ところが、そんな彼が人の履いているボアのスリッパに、まるで子猫のような幸せそうな顔をしながら夢中になって、前足を左右交互にグーパーグーパーこねるような 「ふみふみ行動」をするのです。
普段の威厳ある行動との落差が激しいので、滑稽ではあるのですが精神的なストレスか病気の前兆かと若干不安にもなったものでした。 その後、近所の猫友達(人間)や猫を飼っている親戚に話を聞いてみると、結構「ふみふみ行動」をする猫がいることが分かりました。
面白いことに、話を聞くうちにひとつの傾向があることが分かってきたのです。
「ふみふみ行動」をする猫は、ペットショップから購入した猫がほとんどだったのです。


ふみふみ行動の意味

「ふみふみ行動」は、子猫が母猫に授乳を促す行動の名残りです。母猫は「ふみふみ行動」によって乳房が刺激され母乳の分泌が促されるという訳です。

精神的なストレスから子供返りをし、「ふみふみ行動」をする猫もいます。
たとえば、1匹で生活していたところに新たな猫がやってきた場合や、引越しをした場合などに発生することがあります。
しかし、これはレアケースでストレスを軽減してやればほとんど治まります。(ストレスの軽減については後日紹介予定)

ほとんどの場合は、幼児期の問題が大人になっても尾を引いて「ふみふみ行動」が起こってしまうのです。
子猫の誕生を自宅で経験したことのある方ならご存知でしょうが、子猫は生後10週間から11週間までお乳を吸います。
しかし、それ以降は子猫がお乳をせがんでも、 母猫は嫌がってお乳を与えなくなります。さらに、猫パンチをくらわせたり激しい鳴声で威嚇したりします。この母猫の行動によって子猫はお乳がもうもらえないことを 認識し、離乳食へと移行していきます。つまり、親離れへの第一歩を踏み出したわけです。
ところが、この過程を経験しなかった猫は授乳への動機が断ち切られていないので「ふみふみ行動」が止められないのです。もちろん猫だっていくら「ふみふみ」しても お乳が出ないことは分かっていると思いますが、母猫と過ごした幼いころの幸福な日々を思い出し甘えていると考えられます。
私たち人間でもありますよねー。「子供の頃はよかったなー」と思うことや旅先で出会った景色にノスタルジーを感じて涙が出そうになること。 猫たちも同じような思いにかられているのかもしれません。

さて、前述した「ふみふみ行動」をする猫はペットショップから購入した猫がほとんどだったですが、もうお分かりですよね。 ペットショップの子猫の多くは生後6週間くらいで親猫と別れ、その後新たな飼い主さんもとで生活することになったケースが過半を占めていたのです。 親離れの儀式の機会を失っていたのです。
(注:ここ最近では母猫のもとで離乳した生後10週以降の子猫を販売するペットショップも増えています。)


ふみふみ行動は悪いこと?

正常な猫、完全な猫、成熟した猫という観点から見れば不自然で、「ふみふみ行動」は悪いということになるかもしれません。 小学校の高学年になっても指をしゃぶる癖が直らない子供を見ると正直「ちょっと問題だな」感じます。これと同じようなことかもしれません。
また、繁殖を考えている場合「ふみふみ行動」をするオス猫は性的にも未熟で子作りがうまくいかないという話も聞きます。 従って、猫の精神行動学上や繁殖という点ではほめられたものではありません。
しかし、家庭内で生活を共にする普通の猫の場合は問題視するほどのことではありません。
むしろ、「ふみふみ」する姿は愛らしいですし飼い主である自分を 母親のように思ってくれていることに悪い気はしません。「ふみふみ行動」と一緒になにか別の問題行動があれば別ですが、幸せな気分に浸っている 猫をあえてとがめる必要もありませんし、幸せな気分のままにしてあげるのがベターだと思います。



HOME